【fp3級】独学でも1ヶ月あれば合格!おすすめの教材&勉強法

【FP3級】独学でも1ヶ月あれば合格お金

この記事では、fp(ファイナンシャルプランナー)3級を独学1ヶ月で受験しようとしている人に読んでほしいと思っています。

 

FP(ファイナンシャルプランナー)って何? という方は以下の記事をお読みください。

 

関連記事

 

僕自身、大学2回生の1月にfp(ファイナンシャルプランナー)3級の試験を受験し、合格しました!

FP3級合格証書

 

ちなみに得点は以下のような感じです。

FP3級試験得点

学科53/60(88%)

実技85/100(85%)

 

日本FP協会における学科の合格基準は 36/60以上、実技の合格基準は 60/100以上なので、ある程度余裕をもって合格することが出来ました(^_^)

 

ということで、今回はfp3級に1ヶ月の勉強(独学)で合格した勉強方法や実際に使用した参考書や問題集を紹介していきます!

 

日本FP協会ときんざい(金財)のどちらで受験すべきか?

FPの勉強

fp3級を受験する際には、日本FP協会ときんざい(金財)のどちらかの試験機関で受けることになります。

 

僕は日本FP協会で受験しました。理由は合格率が高かったからです(笑)。合格率は、以下のHPで確認できます。

 

 

また両者の共通点と相違点をまとめてみました。

<共通点>
  • 学科試験の内容は同じ
  • 受験料と受験日程も同じ

 

<相違点>
  • 受験会場・場所が違う
  • 実技試験の選択科目が違う(日本FP協会は資産設計提案業務、きんざいは個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務のどちらか一方)

 

別段の理由がなければ、合格率の高い日本FP協会をおすすめします。

 

fp3級合格までに使用した教材

以前の記事でも紹介しましたが、僕が使用していたのは みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2018-2019年 (みんなが欲しかった! シリーズ) と みんなが欲しかった! FPの問題集 3級 2018-2019年 (みんなが欲しかった! シリーズ) です。

 

 

 

おすすめの理由は以下の3点!

  • 図での説明が分かりやすい(教科書)
  • 重要な箇所がひとめで分かる(教科書)
  • 過去に試験で出題されている問題なので、どのような問題がでるのかが分かる(問題集)

 

fp3級試験【勉強時間の目安】

FP3級の勉強時間

僕は大体1ヶ月間勉強しました。もちろん独学です。

 

平日は1日1時間30、土日に4時間は勉強していましたね。

 

【独学】fp3級の勉強方法

一般的な勉強の仕方だと、

  1. 参考書を読む
  2. 問題を解く

 

だと思うんですけど僕は、

  1. 問題を解く
  2. わからない部分は参考書で補う

という感じで取り組みました。

 

どのような問題が出題されるのかを理解してからの方が効率が良いからです。次は具体的な進め方について説明していきますね。

 

【独学】fp3級勉強の進め方

大前提として1ヶ月のスケジュールを立てましょう。大事なのは、「1日何時間行う!」 と時間だけで区切るのではなく、タスクで区切るということです。

 

また問題集は3周は解いたので、周ごとに行った方法を説明していきます。

①【問題集1週目】解けた問題、解けなかった問題、解けたけど理解していない問題を区別する

 

問題集から解いていきますが、その際に記号をつけていきます。

  • 解けた問題→×
  • 解けなかった問題→○
  • 解けたけど理解していない問題→△

FP3級勉強方法

②【問題集2周目】1周目に○、△をつけた場所だけを解く
③【問題集3周目】記号に関わらず一通り解く
○、△の場所を理解するまで解く

 

以上で大体の問題が解けると思います。問題集を3周以上やり終えたら残りの期間は、過去問をひたすら解きましょう!

FP3級 過去問
検索

で過去問を探せます。

 

fp3級独学勉強法【まとめ】

要点
  • 日本FP協会の方がきんざい(金財)に比べて合格率が高い
  • 参考書・問題集は、滝沢みなみさん著の「みんなが欲しかった!~」 がおすすめ
  • 独学でも1ヶ月間真剣に取り組めば大丈夫
  • 勉強手順①問題集⇒②参考書
  • 問題を解く際は記号で分類する

 

fp3級は1ヶ月真剣に取り組めば、独学でも十分大丈夫!大学でfpの講座もありますが行く必要なしです。

 

あわせて読みたい>>>

コメント