メモ魔である前田祐二さんのノート術|実際に使っているメモ帳も紹介

前田祐二さんに学ぶノート術ライフハック

今回のテーマは前田祐二さんの「ノート術」 

 

以前、NewsPicksで放送されていた、特集NewsPicksNow『前田祐二の「ノート術」に迫る』が印象的で、今後メモをノートやメモを取る際に非常に役立つ!! そう思ったので紹介させてもらいます。

 

この放送で、

  • 前田さんのノート術
  • ビジネスにも使える「思考・発想法」

が分かりました!

 

メモ魔と言われている前田さんというだけあって、かなり考え込まれているなあと感じましたね。印象的だった部分を3箇所ピックアップ!!

 

メモはノウハウではなく姿勢

メモの定義として、前田さんは以下のように述べられていました。

 

自分の頭を使わなくていい部分を任せてしまうことによって、自分の脳のパフォーマンスを最大化する。

 

また、人間の頭で考えなくていいことが世の中にあふれている中で、それを外部に記憶させておく(メモする)ことが大切。

 

テクニカルなノウハウは意味がなく、メモをひたすらとるということによって、脳のクリエイティビティが上がっていくそうです!

 

なるほど! 僕は今までメモをとるのが面倒くさいと思っていました。

 

しかし、メモをとらないことによって、思い出すという作業が増え、脳に無駄な負担をかけていたんだなあと反省。

とりあえずメモ!! そう言い聞かせます(笑)。

 

インプットとアウトプットの比率が大事!?

前田さんは、シャワーを浴びながらメモを書いており、ひどいときは、シャワーを終えるのに3時間かかったと言います(笑)。

 

なぜそんなことをするのかというと、インプットをゼロにし、アウトプットを100にすることによって、いいアイデアが生まれてくるから。とのこと。

 

上記のように、インプットの割合をゼロにする時間を意図的につくることが大事で、シャワーを浴びる以外のこと、たとえば、寝るときや、座禅をしている時などが挙げられます。

 

たしかに、ベッドに入って、いざ寝るぞ! となった時に、色々考えてしまって眠れないなんてことはよくありますよね(笑)。

 

ビジネスに使える「思考・発想」

前田さんは、以下のようにノートを分けているそうです。

ノートの分け方

 

順番としては、

  1. ファクト(具体)
  2. 抽象化
  3. 転用

で、標語の部分に関しては、いつ書いてもOK。

 

また色分けも行っており、

  • 緑→主観
  • 青→やや重要・引用
  • 赤→重要・客観

と3種類に分けられています。これらを会議の時などに行えばいい訳ですね!

 

前田さんが実際に使用しているノート・メモ帳

前田さんが使用しているメモ帳を3つ紹介します!

 

1、モレスキンのノート(←主にこれを使用)

2、フランクリンプランナーの手帳(←予定や会議で言うべきキーワードを書いている)

3、デルフォニックスのメモ帳(←会食をする際など手軽にメモするために使用)

 

やはり良いメモ帳を使うことによってメモを書こうというモチベーションも上がりますよね。

 

前田祐二さんのノート術【まとめ】

この記事での要点をまとめました!

  • メモに向き合う姿勢が大事
  • インプットゼロの時間を意識的につくる
  • 標語/ファクト/抽象/転用に分けてメモをとる

 

前田祐二さんについては、「人生の勝算」という本で詳しく書かれています。

 

前田さんのことは以下の記事でも紹介しています。

詳細記事はこちら

【就活中の大学生必見!】前田祐二さんに学ぶ ”自己分析”
今回は、SHOWROOM社長の前田祐二さんに学ぶ ”自己分析” です!この記事では、著者と語る朝渋『人生の勝算』著者・SHOWROOM代表取締役社長・前田裕二さん・幻冬舎編集担当/箕輪厚介さんに関するイベントや講演会、インタビューの記事を読んで、前田さんの考えが面白い!!と思ったので、前田さん自身の考えや、実際に行っていた自己分析の仕方について紹介しています。

 

また最近では、「メモの魔力」も発売されましたね!!

コメント