【就活中の大学生必見!】前田祐二さんに学ぶ ”自己分析”

前田祐二さんに学ぶ自己分析 大学生がすべき自己分析

今回は、SHOWROOM社長の前田祐二さんに学ぶ ”自己分析” です!

 

この記事では、

著者と語る朝渋『人生の勝算』著者・SHOWROOM代表取締役社長・前田裕二さん・幻冬舎編集担当/箕輪厚介さんに関するイベントや講演会、インタビューの記事

を読んで、

 

前田さんの考えが面白い!!と思ったので、前田さん自身の考えや、実際に行っていた自己分析の仕方について紹介しています。

 

この記事を読むことによって、

  • 自己分析は、なぜ大事なのか?
  • 自己分析をどれくらい行えばいいのか?

の2つが分かります!!

 

では、さっそく本題に入りたいところですが、その前に、簡単に前田祐二さんの紹介からさせていただきたいと思います。

 

前田祐二さんとはどんな人?

僕は「人生の勝算」という本で、前田祐二さんを初めて知りました。

 

簡単に紹介すると、

前田祐二さんは、SHOWROOM株式会社代表取締役社長です。
(SHOWROOM‥‥アイドルやアーティストなどの配信を行うサービスのこと)
最近では、女優の石原さとみさんとの熱愛報道もあり、『カリスマIT社長』として有名ですね。前田さんの過去のことや考え方は、この「人生の勝算」という本で詳しく書かれています!

 

とにかく、物事を凄く深いところまで考えている方だなあと感じましたね!!

 

前田祐二さんが学生のときにしていた自己分析の方法が凄い!!

徹底した自己分析

学生の時に、一番ページ数の多い自己分析本を買って何周もやっていた前田さん。

 

なんと、書いたノートの数30~40冊!!
もう桁が違いますね(笑)。

 

また自己分析が大事な理由として、以下のように述べられています。

 

前田 たくさん書いたノートを見ると、これ絶対に面接に落ちるわけないな」と思いながら面接に向かってました。自己暗示のようなところはありますけど。だから、内省は大事という話でした。

引用:面接・ディスカッションの練習は「1000回くらいやった」SHOWROOM前田氏が語る“就活というゲーム”の勝ち方

 

僕も、現在大学3回生で来年には就活を控えていますが、時間がある大学生のうちに自分のことを深く理解しておくことは、本当に大事なんだなあと。そう思いました。

 

ということで、さっそく分厚い自己分析本とノートを買ってきました!!(本当は20卒なのですが、まだ売ってなかったので19卒のものにしました)

 

自己分析をするために買った本とノート

 

 

どんな質問にも、3つ答えられる

上記のように自己分析を徹底して行うことによって、どんな質問をされても「3つあります」という状態になっていると言います。

 

好きな色にも3つあり、しっかりとした理由もあるらしいので、もう無双状態ですね(笑)。

 

また就活に限らず、

  • ルールを正確に正しく理解するという見極めの作業
  • 理解したあとに、やりきるという熱量

の2つがあれば、どんなビジネスでも成功すると述べられています。

 

前田祐二さんが語る、具体⇔抽象

僕たちは、普段から何かを見聞きして、「おもしろい!」、「新しい!」と思うことがよくありますが、「何がおもしろいのか?」、「どの点が新しいのか?」などを言語化し、具体と抽象に分けて物事を考えることが大事だと述べられています。

 

普段から意識していないと、具体・抽象で物事を考えるのは難しいですよね。

 

なので、自分が「おもしろい!」「つまらない」など感じたときには、即メモして、具体・抽象化を意識しようと思いました!

 

メモをするときには、Evernoteが便利です!

【アプリ】ノートからEvernoteに変えてみたら使い易かった!
この記事では、Evernoteを今すぐ使用した方が良いということについて書いています。 (すでに利用している方には、今更かよ!と思われるかもしれません(笑)。) 僕は以前まで、スマホに入っているメモアプリでメモをとったり...

 

また、こちらの記事でも前田祐二さんのノート術を紹介しています。

メモ魔である前田祐二さんのノート術|実際に使っているメモ帳も紹介
SHOWROOM社長でメモ魔として知られている前田祐二さんの”ノート術”について紹介しています。この記事を読むことによって、メモに向き合う姿勢や性格、インプットとアウトプットの比率、ビジネスでも使える「思考・発想」が分かります。

 

【補足①】おすすめ自己分析診断ツール

補足として、僕がおすすめする自己分析する際の手助けとなる診断ツールについて紹介していきたいと思います。

 

やはり、一人でノートに永遠と自問自答しながら書き続けるのも大変ですよね? そこで診断ツールを使って他者目線で自分はどんな人間なのかを診断してもらいましょう!

 

自己分析に行き詰まったときに使うには打って付けです。

 

自己分析診断ツール

 

【補足②】おすすめの自己分析本

自己分析診断ツールと同様、自己分析に役立つ本もたくさんあります。なので、僕が今まで使ってきて良いと思えた自己分析するための本について紹介します。

 

まず最初におすすめなのが「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」です! この本をおすすめしている人は多く、質問や診断結果が詳しく分かります。

 

 

関連記事

 

次におすすめするのが「新装版 あなたの天職がわかる16の性格」です。アメリカで大ベストセラーになった本でもあり、16種類ある性格の中から自分の性格を知ること手助けとなります。

 

 

関連記事

 

まとめ

要点
  • 自己分析は、なぜ大事なのか?

自己分析を行うことによって、自分の経験や人間性を把握でき、自分のことを正確に伝えることができるから。

  • 自己分析をどれくらい行えばいいのか?

徹底的に行うべき。(具体的には、前田さんのように自己分析の本を買って、何周も行う)

  • 具体⇔抽象

 

自己分析を徹底してするべきなのか、それともある程度だけすればいいのか意見が分かれると思いますが、この記事を読んで、僕は徹底してすべきだと思いました。

 

なぜかというと、徹底的に自己分析(内省)をすることによって職を選んだあとも後悔しないだろうなあと。そう感じたからです!

 

なので、自分のことを正確に把握するためにも、徹底して自己分析をしましょう!!

 

コメント