【Laravel】Homesteadを複数プロジェクトで使う際の設定

Laravel

今回はLaravelの開発環境を手軽に構築できるHomesteadを複数プロジェクトで使う際の設定について書いています。

 

HomesteadでのLaravel環境構築については以下の記事を参考にしてください。

 

→ 関連記事

【Laravel】Homesteadを使ったLaravelの環境構築(Mac)
この記事では、Homesteadを使ったLaravelの環境構築方法について書いています。Homesteadとは、Laravelが動く環境を簡単に作れるツールです。仮想環境の立ち上げからログインしてLaravelの初期画面を表示するまでの手順について書いています。

 

Homesteadを複数プロジェクトで使う

共有フォルダの設定

まず共有フォルダの設定を行いましょう。

 

Homestead.yaml

folders:
//一つ目のプロジェクトの共有フォルダの設定
- map: ~/code/hoge
  to: /home/vagrant/code/hoge
//二つ目のプロジェクトの共有フォルダの設定
- map: ~/code/fuga
  to: /home/vagrant/code/fuga

 

ドメインの設定

次にドメインとディレクトリを紐づけます。

 

Homestead.yaml

sites:
//一つ目のプロジェクト
- map: hoge.test //ドメイン
  to: /home/vagrant/code/hoge/public //接続先ディレクトリ
//二つ目のプロジェクト
- map: fuga.test
  to: /home/vagrant/code/fuga/public

 

databasesの設定

databasesの設定をします。

 

Homestead.yaml

databases:
 - hoge //一つ目のプロジェクト
 - fuga //二つ目のプロジェクト

 

これでHomestead.yamlの設定は以上です。次にhostsの設定をします。

 

hostsの設定

hostsファイルはIPアドレスとホスト名の対応を書いておくためのファイルです。このファイルは管理者権限が必要なのでsudoコマンドを先頭につけ、ファイルを編集します。

$ sudo vim /private/etc/hosts

 

hostsファイルで一つ目のプロジェクトのホスト名の後に空白をあけて、二つ目のプロジェクトのホスト名を設定しています。

192.168.10.10 hoge.test fuga.test

 

これでHomesteadを複数プロジェクトで使う際の設定は完了です!

 

コメント