Laravel Homestead を複数プロジェクトで使う際の設定

Laravel Homestead を複数プロジェクトで使う際の設定Laravel

この記事では、Laravel の開発環境を手軽に構築できる Homestead を複数プロジェクトで使う際の設定について書いています。

Laravel Homestead を複数プロジェクトで使う際の設定

Homestead.yaml の設定

まず、共有フォルダの設定を行います。

Homestead.yaml

folders:
//一つ目のプロジェクトの共有フォルダの設定
- map: ~/code/hoge
  to: /home/vagrant/code/hoge
//二つ目のプロジェクトの共有フォルダの設定
- map: ~/code/fuga
  to: /home/vagrant/code/fuga

次に、ドメインとディレクトリを紐づけます。

Homestead.yaml

sites:
//一つ目のプロジェクト
- map: hoge.test //ドメイン
  to: /home/vagrant/code/hoge/public //接続先ディレクトリ
//二つ目のプロジェクト
- map: fuga.test
  to: /home/vagrant/code/fuga/public

続いて、databases の設定をします。

Homestead.yaml

databases:
 - hoge //一つ目のプロジェクト
 - fuga //二つ目のプロジェクト

Homestead.yaml の設定は、以上です。

hostsの設定

続いて hosts の設定をします。

hosts ファイルは、IPアドレスとホスト名の対応を書いておくためのファイルです。

$ sudo vim /private/etc/hosts

hosts ファイルで1つ目のプロジェクトのホスト名の後に空白をあけて、2つ目のプロジェクトのホスト名を設定しています。

192.168.10.10 hoge.test fuga.test

これで Homestead を複数プロジェクトで使う際の設定は完了です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました