【WordPress】ローカル開発環境を簡単に構築できる ” Local by Flywheel “

【WordPress】ローカル開発環境を簡単に構築できる " Local by Flywheel "WordPress

この記事では、WordPressのローカル開発環境の構築を簡単にできるツール「Local by Flywheel」について説明しています。

 

Local by Flywheel とは

Local by Flywheel とはWordPressのローカル環境構築を楽にできるツールです。

 

ローカル環境を構築する方法としては、XAMPPやMAMP、VCCWを使った構築方法がありますが、これらの方法より断然楽に構築できます。

 

Local by Flywheel を使うメリットとしては以下が挙げられます。

  • 直感的な操作で環境構築可
  • PHPのバージョン変更可
  • ローカルでSSLを使用可
  • 複数の開発環境を管理可

 

Local by Flywheel の使い方

公式サイトにアクセスし「FREE DOWNLOAD! 」を選択、お使いのOSを選びインストールします。

Local by Flywheel 公式サイト

 

インストール後、アプリを起動すると下記のような画面が表示されるので「No」を選択し、モーダルウィンドウを閉じます。

インストール後の画面

 

「CREATE A NEW SITE」をクリックして、サイトを作ります。

サイトを作成する画面

 

作成するサイト名を入力(今回はmythemeというサイト名)。「CONTINUE」をクリック。

作成するサイト名を入力

 

WordPressにログインする際に必要となるユーザー名とパスワードを設定します。Email部分はそのままで大丈夫です。その後「ADD SITE」をクリック。

WordPressにログインする際に必要なユーザー名とパスワードを入力

 

するとローカルにmythemeというサイトが作成されています。実際にWordPressの管理画面に入れるかも確認しましょう。「ADMIN」をクリックします。

 

WordPressのログイン画面が表示されるので、先ほど入力したユーザー名、パスワードを入力すると管理画面に入ることができます!

WordPressの管理画面

 

管理画面はデフォルトで英語表記になっていますので、設定から日本語に変更しておきましょう!

まとめ

今回は、Local by Flywheel について説明しました。XAMPPやMAMP、VCCWよりも圧倒的に簡単に早くローカル環境を作れます。

 

まだXAMPPやMAMP、VCCWなどを使ったことがないという方は、これらも使ってみると良いでしょう!

 

コメント