【感想・レビュー】Udemy「実践Webサイトコーディング講座」

実践Webサイトコーディング講座 | HTML5とCSS3を使って、カフェのサイトやWebメディアサイトを作ってみようHTML&CSS

この記事では、Udemyの「実践Webサイトコーディング講座 | HTML5とCSS3を使って、カフェのサイトやWebメディアサイトを作ってみよう」について感想・レビューを書いています。

 

先にこの教材で学べること、できることを簡単にまとめると、HTML、CSSを使ってWebサイトを作成する方法が分かり、3つのWebサイトを作る中で実践的なコーディングの仕方について学べます。

 

Udemyについて

サイトコーディングをUdemyのコースで1から行う!
この記事は、progateでHTML&CSSのレッスンを終え、ドットインストールのHTML入門とCSS入門も終えた後に何を行っていいか分からない...という方に向けて書いています。ずばり、その答えとしてUdemyで、「実践Webサイトコーディング講座 | HTML5とCSS3を使って、カフェのサイトやWebメディアサイトを使ってみよう」というコースをやり遂げましょう。

 

「実践Webサイトコーディング講座 | HTML5とCSS3を使って、カフェのサイトやWebメディアサイトを作ってみよう」

この教材で何を学べるのか?

この動画教材で学べることとしては、

  • HTML、CSS
  • 実践的なコーディングの仕方

 

が挙げられます。コースが初級・中級・上級に分かれており、全体を通して3つのWebサイトを作成していきます。

 

そのためこのコースが終わったあとには、自分1人でHTML、CSSを使った簡単なWebページを作成できるようになります。

 

実際にやってみての感想・レビュー

実際に取り組んで見ての感想としては、ProgateやドットインストールでHTML、CSSの基本的な部分を学んだ後にやると良い教材だと思いました。

 

理由としては、実際にWebサイトを作成しながら、実践的なコーディングを学ぶことができるからです。

 

こういう人におすすめ

この教材をおすすめできるのは以下のような人だと感じました。

  • HTML、CSSの基本的な知識があるが、実際にWebサイトを作った経験がない、または少ない方
  • HTML、CSSを使ったWebサイトコーディングに慣れたい

 

ただ、この教材ではfloatがよく使われていますが、現場ではFlexboxを使う場合が多いと思うのでそちらもあわせて勉強しておくとよいでしょう。

 

まとめ

今回は、「実践Webサイトコーディング講座 | HTML5とCSS3を使って、カフェのサイトやWebメディアサイトを作ってみよう」の感想・レビューを書いてきました。

 

これまでの内容をまとめると…

  • Webサイトを3つ作成できる
  • HTML、CSSを実際どのように使ってWebページを作るのかが分かる
  • ProgateやドットインストールでHTML、CSSの基本的な部分を学んだ後に取り組むことをおすすめ

 

Udemyの通常料金だと1万ほどするので、セールのときに買いましょう。セール時であれば1000円ほどで購入できます。(セールは割と頻繁にあります)

 

 

 

コメント