【書評】超AI時代の生存戦略~シンギュラリティに備える34のリスト

2040年代に備える34のリスト大学生におすすめの本

今回は以前紹介した、落合陽一さんの著書「これからの世界をつくる仲間たちへ」に引き続き、「超AI時代の生存戦略」についての書評を書きました。

 

超AI時代の生存戦略

 

本書について

本書は、計算機技術の発展による「超AI時代」を生き抜いていくために、時代性を読み解き、必要なスキルやマインドセットなどについて解説したものである。

と説明されています。

 

この本をおすすめするのは、

  • 現代社会についての知識を知りたい人
  • シンギュラリティが何なのか分かっていない人
  • これからの時代を生き抜く術を知りたい人

です。

 

では、ここからは、個人の感想を述べたいと思います。

 

【感想】超AI時代の生存戦略

この本では、前回紹介した「これからの世界をつくる仲間たちへ」とも似通っている部分が多く感じました。

 

関連記事>>>【書評】これからの世界をつくる仲間たちへ

 

しかし以前はあまり詳しく書かれていなかった「働き方」について具体的に書かれていたので、今後の働き方を考える上でとても参考になりました。

 

以下、印象に残ったことについて述べていきます。

 

ワークアズライフ

本書ではワークライフバランスではなく、ワークアズライフを見つけることが重要だと述べています。

 

この二つの違いを明確にするためにそれぞれについて説明していきます。

 

まずは、ワークライフバランスについて

ワークライフバランスは一生をいくつかのサブセットに分けて考えることが可能であるということを許容した言葉であり、常時接続性の高い現代には親和性が低い。

 

次に、ワークアズライフについて

そこで、なるべくライフとしてのワークにする。つまり、余暇のようにストレスレスな環境で働けるように環境を整えていくということが重要である。

と説明されており、

 

この説明から、

会社や企業に雇われ、賃金をもらう社会自分がやっていて楽しいことや好きなことをやり、自分自身の価値を上げていく

ことが大事になってくると感じました。

 

また、ストレスを感じない(ストレスレス)なことをすることによって、お金を稼ぐ人が増えていることも事実です。

 

これからの社会

人間が行っているほとんどの仕事がAIに取って代わられるという危機感から、「私たちしかできないクリエイティブなことをして過ごすしかない!」

 

という様に、漠然的に捉えてはいけないと本書では述べています。なのでこれからの社会は、

 

機械を使うか、使われるかに二極化していき、人間一人一人がフレームを持つことが大事

 

だということが分かりました。

 

それからもう一つ、今までは企業としての個人が価値のあるものとされていましたが、これからは個人が自分自身をブランド化していくことが重要だと感じました。

 

超AI時代の生存戦略【まとめ】

落合陽一さんの2冊目を読み終えましたが、思考に柔軟性をもつことが最も重要なのではないかなと強く感じました!

 

  • 現代社会についての知識を知りたい人
  • シンギュラリティが何なのか分かっていない人
  • これからの時代を生き抜く術を知りたい人

は、読む価値ありです!!

 

コメント