現代に必須のスキルであるプログラミングを学ぶ理由

「今」プログラミングを学ぶ理由プログラミング

この記事では、現代に必須のスキルになりつつある「プログラミング」を学ぶ理由について書いています。

 

大学生で時間が有り余っていて暇…

なにかスキルを身につけておきたい…

という人にプログラミングを学ぶことを強くオススメしますね。

 

手に職!

プログラミングは、今の時代必須のスキル!

 

なぜかというとプログラミングが2020年に義務教育化が検討されているからです。今、現在周りにプログラミングできる人がいなくても、できる人がうじゃうじゃいる世の中になるということがなきにしもあらずです。

 

また「手に職」ということで、稼ぎやすいスキルでもあります。なぜ稼ぎやすいのかというと、やはり現段階でまだプログラミングをきちんとできる人が多くいないからでしょう。

 

学び始めたはいいものの途中でやめてしまう人も多いんですよね。プログラミング学習の挫折率90%以上ともいいますし。

 

またクラウドソーシングというネット上で企業や個人からの依頼を受け、その案件を完成させると報酬がもらえるビジネスの形態があります。

 

ここでは、例えばプログラミング言語を使ってホームページ制作を行ってくださいという案件があったとすれば、1案件5万~10万円の報酬といったものがザラにありますね。

 

またプログラミング言語を身につけ個人でも上記のような案件を獲得できるようになれば、仮に仕事を辞めたとしても全然食べていくことができます。仕事を辞めずとも副業としてやっていくのも全然ありですね。

 

クラウドソーシングで案件を獲得すべく現在、ポートフォリオを作っています。

 

IT人材の不足

第2にIT人材が不足しているということです。経済産業省が発表したデータでは2020年までに日本国内で約30万人不足するとのこと。以下のページで詳しく書かれているので参考にどうぞ。

 

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめました(METI/経済産業省)

 

就活に有利

プログラミングスキルを身につけることができれば何十社にも足を運んで内定をとりにいくといった大変面倒くさいことをせずとも、逆求人がくるなんてことも。

 

また就職活動のときに「学生時代がんばったことは何かありますか?」と聞かれた場合でもプログラミングを学んで何かアプリやホームページを作った経験があればアピールすることができますね。

 

もちろん成果も大事ですが、根本的にはそれまでにどういう風に考え、どのように行ってきたかという過程が大事だと僕は思います。

 

場所や時間を選ばない

通勤で時間を取られるのがほんとに嫌という人にはうってつけのスキルこそプログラミングです。

 

仕事もオンラインで完結するものがほとんどなので。またパソコン1台だけでできるのは大きなメリットですね。

 

決められた時間に仕事場に行かずにリモートワークで働くということもできます。

 

ロジカルな思考が身につく

 

Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズさんも上記のように述べていますね。

 

そもそもプログラミングというのは、コンピューターに対して筋道立てて指示出しをするというものなので、自分の思い通りに動かすために論理的な思考力が身につきます。

 

具体的には、うまくいかない時にエラー文が表示されるので、仮説→検証→改善という流れで考え方が鍛えられると思います。

 

著名人の声

上記で挙げたスティーブ・ジョブズさん以外の有名な方もプログラミングの重要性について以下のように述べていますね。

 

コメント