マルチタスクが集中力の低下をもたらす!?~シングルタスクにしよう~

マルチタスクを今すぐやめてシングルタスクを行うべき ライフハック

いきなりですが、皆さんはいつもマルチタスクを行っていませんか?「マルチタスクを行うことは良いこと」と勘違いされている方もいると思いますが、実は様々な弊害をもたらします。

 

具体的には、集中力の低下脳への負担です。この記事では、

  • マルチタスクを今すぐにやめてシングルタスクを行うべき理由
  • シングルタスクを行うことによって得られるメリット

について書いています。

 

ぜひ、集中力が続かない人、本当は時間があるのに時間がないと思ってしまう人は、読んでください。

 

この記事を読み終わった後には、絶対にマルチタスクをやめようと思うはずです。

 

そもそもマルチタスクとは?

パソコン マルチタスク

 

マルチタスクとは、一般的に、

複数の処理をタスクという単位に区切り、並行して実行すること。

出典:コトバンク

 

<具体例>

  1. LINEをしながらご飯を食べる
  2. 勉強しながらYoutubeを観る

などです。

 

つまり、自分の意識と行動が一致していない状態のことを指します。いわゆる「ながら行動」ですね。

 

マルチタスクの弊害~集中力の低下~

マルチタスクを行うと集中力が低下します。なぜかというと、たとえば勉強している時にYoutubeの動画を観ているとしましょう。

 

そうすると、勉強をしているときにYoutubeの動画の内容が頭の中に浮かんできてしまい、そのことが気になり、思うように勉強が出来なくなるからです。

 

マルチタスクを今すぐやめよう~シングルタスクのメリット~

シングルタスクとは、一つずつタスクを行う・処理することです。以下、シングルタスクのメリットを2つご紹介します。

 

①集中力が上がる

脳 集中力

シングルタスクを行い、さらにフロー(没頭している)状態に入ると、周りのものは気にならなくなります。このフロー状態に入るには、慣れが必要なので、最初の内はなかなか難しいと思います。

 

しかし、あることをすればフロー状態に入りやすくなります。

 

それは、「ホワイトノイズを聞きながら作業(仕事)に取り組む」ことです。

 

ホワイトノイズとは、

① あらゆる可聴覚周波数帯域の周波数成分が含まれているノイズ。

② 騒音を消すために流す音。

出典:コトバンク

のことを言います。

 

なぜホワイトノイズが良いのかというと、周囲の雑音をかき消すことができ、よりリラックスできるからです。

 

なのでホワイトノイズを聞きながら一つ一つの作業を行うことを強くおすすめします。

 

②達成感が増し、マルチタスクを行ったときより疲れにくい

達成感

考えてみてください。テレビを見ながら勉強していた時と、勉強だけ行っていたとき、どちらが達成感が生まれますか?

 

前者でも達成感は、生まれるとは思いますが、後者の方がより達成感を感じ、効率が良いはずです。

 

それから前者の場合は、「ながら作業」のため脳によりストレスを与えます。ですので、疲労軽減のためにもシングルタスクを心がけましょう。

 

マルチタスクをやめ、シングルタスクを行う具体的な方法

①やることリストを作る

やることリストを作る順番としては、以下の通りです。

一日の始まりである朝に、紙や手帳などに今日行うことをひたすら書く。

その後、書いたものに優先順位をつける。

やる必要のないものを削除する。

 

あとは優先順位通りに進めていくだけです。この際、気をつけてほしいこと、それは「絶対にシングルタスクで行うこと」!

 

②細かく休憩を取る

重要なのが、休憩をとることです。休憩をとらずに集中し続けることは、難しいと思います。

 

マルチタスクのようにメリハリをつけずに作業するのではなく、作業(仕事)と休憩を明確に分けることが大事です。

 

メリハリをつけないことによって、脳が疲れやすくなったり、作業効率が落ちたりするわけですね。

 

【まとめ】

いかがだったでしょうか?シングルタスクの重要性は理解していただけましたか?

 

集中力が続かない、本当は時間があるのに時間がないと思っている人は、マルチタスクを今すぐやめて、シングルタスクを心がけましょう!

 

ぜひ、上記で述べた

  1. やることリストをつくる
  2. 作業(仕事)に取りかかり、細かく休憩をとる

を、この記事を読んだ今日から試してみてください!

 

今までよりも、より作業効率が上がり、マルチタスクを行っていた時よりも疲れを感じず、充実感が増すはずです!

コメント