コーダーが『jQuery最高の教科書』を読んでみたのでそのレビュー

『jQuery最高の教科書』を読んでみたのでそのレビュープログラミング

この記事では「jQuery最高の教科書」のレビューを書いています。

 

この記事を書いている僕自身、現在(2020/01/25)Web制作会社でコーダーとしてアルバイトをしています。

 

前回『Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版]』のレビューを紹介しましたが、こちらの本と同様、今回紹介する『jQuery最高の教科書』も長い間積ん読しており、最近読み終えました。

 

『Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版]』のレビュー
この記事では『Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版]』のレビューを書いています。jQueryの基本的な部分から勉強したい人や実際のWeb制作現場でよく使われているデザインレシピを知りたい人におすすめです。

 

『jQuery最高の教科書』のレビュー

全体的な感想

全体的な感想としては、内容が濃くjQuery初学者でも学習しやすいように順序立てて書いてある点が良かったです。

 

また、ギャラリーページを作成する章もあり、そこで実際のサイトでどのようにjQueryを活かせるか分かる点も良かったと思いました。

 

学べること

この本の目的として、業務でもjQueryを実際に使用できるようになることが掲げられていました。

 

この本で書いてある内容として大まかに説明すると…

①1~2章:この本の目的、jQueryでどんなことができるかを知る
②3章:jQueryの基本的な文法等
③4章:これまで学んできたことを中心にサンプルを実際に作成する
④5章:実務でもよく使われるサンプルを作成
⑤6章:ギャラリーページを作成
⑥7章:今まで紹介してきたもの以外で、jQueryで実装できるものを紹介

のような流れでjQueryについて学ぶことができます。

 

前回、Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版]も読みましたが、この本よりも内容が濃い印象。

 

こちらもWeb制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版]と同様に2013年に発行された本なので、少し情報が古いです。

 

ただ、先ほどの本には書いていないような内容、例えばオブジェクトや配列などについての説明も書かれています。

 

こんな人におすすめ

この本ではプログラム経験の少ないデザイナーでも容易にできる構成を第一の目標にして執筆を行ったと書いてありました。

 

ただ、HTML&CSSを全く触ったことがないひとにはおすすめできません。HTML&CSSの基本的な文法がわかる人であれば問題がないと思います。

 

実際にこの本を進めていく中で、基礎中の基礎から解説をしており、普段全くjQueryに触ったことのない人でも全然理解できる内容だと感じました。

 

まとめ

今回は、「jQuery最高の教科書」のレビューを書いてきました。

 

まとめると…

  • プログラム経験の少ないデザイナーでも容易にできる構成
  • HTML&CSSを全く触ったことがない人にはおすすめできない
  • 2013年発行と若干情報が古い
  • 基礎から解説をしてあり、普段全くjQueryに触ったことのない人でも理解できる内容

 

 

コメント