経済の勉強をしたい?それなら投資マンガ「インベスターZ」一択!

経済の勉強をしたいなら投資マンガ「インベスターZ」一択 お金

この記事では、

経済学部に入ったから、経済について勉強したい! 気楽に学べる本や漫画を教えて欲しい。

という方に向けて書いています。

 

その答えとしては、「インベスターZ」を読んだらいいよ! ということです。

 

経済学部生である僕が大学1回生の夏に読んで、お金の勉強にもなるし、人生訓にもなると感じた漫画です。またプロブロガーのイケハヤさんもおすすめしています。

 

 

ドラマもやっていますね。

 

インベスターZの内容は?

インベスターZの概要

超進学校の道塾学園に首席で合格した主人公の財前孝史。普通の学校だと思っていた孝史だが、各学年(中学・高校)の成績トップ6人だけが入る投資部に案内されることに。道塾学園の学費が無料だったのは、この投資部が3000億円を運用し、8%以上の利回りを利用していたからだったのだ。これから孝史はどうなっていくのか…。

 

上記のように普通ではありえない設定ですが、内容は、めちゃくちゃ面白いです! 一コマあたりの文字数は多いですが(笑)。

 

それに加え「ただ面白いマンガ」というだけではなくインベスターZは最初に述べたように、

  • 投資・お金に関する経済のこと
  • 教養
  • 人生訓

が学べるのが良いですね。

 

お金の勉強になる

お金の誕生

インベスターZの名言3インベスターZの名言4

お金の誕生についての説明ですね。こんな感じでお金に関する情報や、経済史についてマンガを通して学ぶことができます。

 

ためになる情報が多い

銀行の意味

インベスターZの名言5

 

お金に関することだけでなく、まめ知識のような情報もたくさん詰め込まれています。

 

この場面は一巻の一部分ですが、株式投資を行う場面では、その投資先の企業の歴史なども知ることができます。

 

人生に対する名言もたくさん

カモになるやつ

インベスターZの名言

人生訓も学べます。ルールも知らないものに飛びついては、結局カモになるということですね。

 

この一部分は孝史が麻雀をしたこともなく、ルールもたいして知らずに対局してしまったことからこの言葉を部長に言われている場面です。

 

一流になれるところで頑張る

インベスターZの名言1インベスターZの名言2

自分が好きなことでも向いてないと思ったり、他に優れている能力があったらそこに集中する。

 

能力を浪費するなということですね。

 

まとめ

短い紹介でしたが上記で紹介したのは、ほんの一部分に過ぎません。経済のことは、もちろん、本当にいろんなことを学べます。

 

僕はセール期間中に全巻購入して、2日くらいで読み切りました(笑)。

 

是非、大学生で経済学部に入ったら経済を学びたい! という方は「インベスターZ」を最初の一冊として選んでみてください。

 

 

また、大学生におすすめの本も 【厳選】大学生の内に読まなければ後悔するおすすめ本10選 で紹介していますのでどうぞ!

コメント