【簡単!】エンジニアインターンの探し方を実体験を元に解説

【簡単!】エンジニアインターンの探し方を実体験を元に解説エンジニアの就活
シンタロー
シンタロー

この記事では、エンジニアインターン(プログラミングインターン)の探し方について書いています。

 

大学生の方で「エンジニアのインターンをしたいと思っているけどどこでインターンを探せばいいのかわからない。インターンの探し方を知りたい」という方はぜひ読んでください!

 

僕自身、大学3回生時に2社の企業で短期のエンジニアインターンをした経験があります。現在(2020/02/01)はWeb制作会社でコーダーとしてアルバイトをしており、春からWeb系の自社開発企業でエンジニアとして働く予定です。

 

未経験や初学者でもエンジニアのインターンはできるのか?

プログラミング未経験の方や初学者でもエンジニアのインターンを出来るにはできます。

 

ただ未経験歓迎や初学者歓迎と書いてあるインターンには参加できますが、事前にプログラミングの適性検査を受けたり、こういう仕様のアプリをこの期間内に作ってきてそれで合格であれば、インターンできるという企業もあります。

 

なので、当たり前かもしれませんが難易度の高い企業のインターンを受ける場合には、それなりの経験やスキルが必要になります。

 

エンジニアインターンの探し方

シンタロー
シンタロー

実際にエンジニアの短期インターンに2社参加したことがあるので、それらのインターンをどこで探したのかについて紹介していきます!

 

実際に下記のサービスを使ってエンジニアのインターンに参加することが出来ました。

  • サポーターズ
  • リクナビ

 

サポーターズ

サポーターズは、一言でいうと就活を支援してくれるサービスです。サポーターズのホームページには、以下のように書いてあります。

 

15〜50万円かかると言われる就職活動
その費用を、企業が支援する新しい就活のカタチ

参考URL:https://supporterz.jp/

 

僕自身も就活の際にサポーターズのイベントや勉強会にも参加していました。関西から関東に行く際にかかる交通費まで、サポーターズが出してくれました。

 

実際に参加したイベントで企業で働いているエンジニアの方や人事の方とお話し、そこでインターンを紹介していただいたという形です。

 

IT系の企業が多く参加しているため、エンジニアやプログラマーを目指している大学生や専門生は登録しておくと良いでしょう!

 

エンジニア就活時におすすめのサイト記事はこちら

エンジニアとして就活するなら登録しておくべきおすすめサイト5選
この記事では、エンジニアとして就活をしていた際に実際に登録していたサイトや、その中からおすすめのサイトを紹介しています。「最近エンジニアとして就活を始めたけど、何かおすすめのサイトはないか。またそのサイトはどのように使えば良いか。実際にそのサイトを活用していた人に聞きたい。できれば就活にお金をかけたくない。一日で一気に複数の企業の説明会や面接を受けたい。」と悩んでいる方は是非読んでみてください。

 

リクナビ

リクナビは多くの就活生が使っている大手の就活サイトです。大手ということもあり、インターンの募集を出している企業が多いです。

 

ただ、システムエンジニアよりのインターンが多く、Web系のインターンは少なかった印象です。このリクナビを使って最初にプログラミングを行えるインターンに応募しました。

 

【補足】エンジニアインターンでは実際にどのようなことを行ったか

シンタロー
シンタロー

就活中は、2社のエンジニアインターンに参加したので、その内容や周りのレベル感について書きました!

 

具体的な内容は企業秘密ということもあり、公開できませんが、ざっくりとエンジニアのインターンでどのようなことを行ったのか、まとめました。

 

1社目のインターン

  • ハンズオン形式で簡易的な書籍管理アプリやTwitterクローンを作成
  • 大学で情報系を先行している人はちらほら。文系で全然プログラミング言語を触ったことがない人も中にはいた
  • 実際に現場で働いているエンジニアの方が質問やわからないところがあったときに教えてくれる環境
  • インターンを受けるための試験や課題などはなし

 

2社目のインターン

  • インターンを受ける前にプログラミングの試験あり
  • 小さい頃からプログラミングをしていたり、企業でエンジニアのアルバイトをしている人など強い人が多かった
  • DockerやRuby on Rails等を用いて業務を改善する課題に取り組んだ

 

ざっくりとこんな感じです。やはり、事前に適性検査やプログラミングの試験があるところの方が、周りのレベルも高かったです。

 

関連記事

【実体験有り!】エンジニアインターンの内容やレベル感について
この記事では、実際にエンジニアの短期インターンに参加した経験から、エンジニアのインターンはどのような内容なのか、またそのレベル感について書いています。就活中には、3日間の短期のエンジニアインターンを2社で経験したので、その体験等を元に書いています。

 

エンジニアインターンの探し方のまとめ

今回は、エンジニアインターン(プログラミングインターン)の探し方について書いてきました。

 

まとめると…

  • 以下の2つを使って短期インターンに参加
    • サポーターズ
    • リクナビ
  • 特にサポーターズはエンジニア系のイベントが開かれていることが多く、インターンに繋がりやすい
  • エンジニアのインターンには事前に適性検査やプログラミングの試験がある場合もある

 

エンジニアインターンの経験が就活にも繋がったので、時間がある学生の方はこの記事を参考にインターンに参加してみてください!

 

コメント