» TechAcademyの無料体験

【実体験有り】エンジニア向けおすすめの就活サイト5選

【実体験有り】エンジニア向けおすすめの就活サイト5選エンジニア就職・転職

この記事では、僕自身がエンジニアとして就活をしていた際に、実際に登録していた就活サイトや、おすすめの就活サイトについて紹介していきます!

最近就活を始めたけど、エンジニア向けのおすすめの就活サイトはないかな?。あと、そのサイトはどのように使えば良いか、実際にそのサイトを活用していた人に聞きたい。できれば就活にお金をかけたくないし、一日で一気に複数の企業の説明会や面接を受けたい…

と悩んでいる方は是非読んでみてください。

またこの記事を読むことで以下のようなメリットがあります。

  • 就職サイトを使うことのメリットを知ることができる
  • エンジニアとして就活する際に役立つサイトを知ることができる
  • 実際に使った体験談を聞くことができる

就活サイトに登録するメリット

就活サイトに登録するメリットとしては、

  • 自分に合う企業を効率よく探すことができる
  • イベントにも参加できる
  • キャリアや就活について相談ができる

などが挙げられます。

学年の早い段階で登録しておくことにより、自己PRを書く練習にもなりますし、イベントに参加することで良い刺激を受けることもできます。

エンジニア就活の際に実際に登録していたサイト一覧

僕が実際に就活の際に登録していたサイトは以下のサイトです!

実際に登録していた就活サイト
  • Wantedly:ベンチャー企業多数。企業掲載数が多く、気軽に話を聞ける
  • キミスカ:スカウト型求人サイト。業種が幅広い
  • OfferBox:スカウト型求人サイト。大企業が多い
  • キャリアチケット:就活準備が一気にできる新卒の就活サポートサイト
  • エンジニア就活:エンジニアの就活に特化したサイト。所感としてはSIer企業が多め
  • キャリアセレクト:エンジニア向けの就活支援サイト。エージェントもついてくれる
  • paiza新卒:プログラミングのスキルがあるほど就活を有利に進めることができるエンジニア・プログラマーを目指す人のためのサイト
  • サポーターズ:学生向けのキャリア支援サービス。交通費を出してくれるので地方学生におすすめ

8つの就活サイトに登録していました。この中で特にお世話になったサイトを以下で紹介していきます!

エンジニア就活の際にお世話になったおすすめのサイトを紹介

エンジニアとして就活を行なっていく中でお世話になったおすすめの就活サイトを5つ紹介します!

キャリアチケット

  • 新卒就職支援サービス
  • アドバイザーがついてくれる
  • 自分に合った企業を紹介してくれる

キャリアチケットではアドバイザーがついてくれ、就職の相談や支援を行なってくれます。

キャリアチケットを運営している会社がレバレジーズ株式会社というIT系の会社ということもあり、IT系の企業に強い繋がりがあります。

なのでIT系エンジニアやプログラマを目指している方におすすめのサイトです!

キャリアセレクト

  • エンジニアやデザイナーに向けた新卒紹介サービス
  • イベントに参加する際に交通費がもらえる
  • エージェントの方がついてくれる

キャリアセレクトはエンジニアやデザイナーを対象とした就職サイトです。キャリアセレクトに登録すると専任のキャリアアドバイザーがついてくれます!

実際に僕にもキャリアアドバイザーの方がついてくれ、実際に会ってお話をしたり、メッセージアプリを使ってやり取りもしていました。

キャリアアドバイザーの方を通して自分が行きたい企業に合致する企業を紹介してくださったことで内定をもらった企業もあるので本当におすすめ!

サポーターズ

  • IT企業が多数
  • イベントが数多く開催されている
  • 交通費がもらえる

サポーターズは学生の就活をサポートしてくれるサービスです。就活を始めて、まず最初に登録したサービスでもあり、エンジニア向けのイベントや説明会にも何度か参加しました。

エンジニア向けのイベントでは1日に10数社ほどの企業さんと1on1でお話しすることができ、ここで自分のアピールや説明会の案内、インターンの招待などをしてもらうことができました。

交通費も出してくれるので、地方の学生も気兼ねなく参加することができます!

paiza新卒

  • ITエンジニア・プログラマを目指す学生のための就職サイト
  • 企業からスカウトメッセージを受け取ることができる
  • プログラミングスキルをアピールできる

paiza新卒ではプログラミングスキルチェックなどを通じてコーディングを元にした就活を行えます。なので腕に自信がある方におすすめ。

またpaiza新卒を通して面接をSkypeでも受けることが可能なのですが、面接が終わった後に企業からのフィードバックをもらえるので、面接の反省に使えます。面接を通してよかった点も教えてくれるので、次回の面接にもかなり活かせました!

さらに言語やフレームワーク、環境、データベース、プロジェクト管理、支給マシン、開発手法などについて詳しく書いてある点が他の媒体と違う点です。

エンジニア就活

  • IT系新卒採用支援サービス
  • SIer系企業が多い
  • 就活に関する相談ができる

エンジニア就活では主にSIer系の企業の求人が多く掲載されていると感じました。実際に自分の能力に合わせて企業を選べるのが良い点だと思います。

実際に自分はエンジニア就活に掲載されている求人には申し込んではいないのですが、就活に悩んでいたこともあり、エージェントの方に相談などをしていました。

実際にエージェントの方とお話しすることによって就活で悩んでいることが解決したので、就活で悩んでいる方におすすめです。

【実体験有り】エンジニア向けおすすめの就活サイト5選|まとめ

ここまで、エンジニアとして就活するなら登録しておくべきおすすめの就活サイトについて紹介してきました

就活を通して、長期のインターンに参加してエンジニアとして実務経験を積んでおくべきだったなあと感じました。

なので現在1~3回生の方は是非長期インターンの経験をしておくと良いと思います。

逆にやっておいてよかったこととしては、ポートフォリオを作成しておいてよかったなあと思いました。ポートフォリオがあることでイベント参加への選考を通過したりできたので。

なので、まだ自分でサービスを作ってない人は作っておいた方が良いと感じました。独学では難しいと感じている方は以下の記事を参考にしてみてください。

>> 【体験談】テックアカデミーのWebアプリケーションコースを2ヶ月間受講した感想と評判をまとめてみた!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました