【厳選】大学生の内に読まなければ後悔するおすすめ本10選

【厳選】大学生の内に読まなければ後悔するおすすめ本10選大学生におすすめの本

大学に入ってから3年が経ちまして、本をより一層読むようになってきました。

 

これは、2017年の11月に本を買うのに使った金額ですね。

本に使った金額

 

上の家計簿を見て分かるとおり、けっこうな額を本にかけているんです。そこで今回、大学生の僕が読んで「本当に良かった!」と思った本を紹介していきます。

 

大学生におすすめの本10選

「働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。」

この本は、「働く理由って何?」「なんで働かないといけないの?」と思い悩んでいたときに読みました。

 

「今年から就活だけど働く理由がお金を稼ぐことくらいしか思い浮かばない…」「大学に入ったけど自分が何をしたいか分からない…」という人におすすめです。

 

織田信長やマザー・テレサ、本田宗一郎さんなど様々な偉人の名言から「シゴト論」を学べます。

仕事というのは、仮に大学を卒業して新卒だと約40年ほど働くことになるわけです。そこで、もし働いている理由を自分自身で定義できていなかったら退屈になると思うんですよ。

 

なので、社会に出て働く前の段階である大学生は是非読んでみてください。

 

Twitter上の声

 

「最速でおしゃれに見せる方法」

この本は、「おしゃれの教科書」です。論理的におしゃれを考えていて、ドレスとカジュアルのバランスであったり、服の合わせ方であったりが写真付きで解説されています。

 

高校までは全然私服も持ってなかったけど、大学生にもなったんだからおしゃれをしたいという方の教科書となる本ですね。

 

僕自身、この本に書かれてある通りにコーディネートしたり、服を買ったりしています。

 

Twitter上の声

 

「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 」

有名なホリエモンさんの本ですね。THE自己啓発本ですが、読んでいてモチベーションが上がります!

 

定期的に読むことで自分の思考や行動が整っていくと感じました。

 

Twitter上の声

 

「多動力」

またしてもホリエモンさんの本です。この本は、マンガ版もあるので本を読むのが嫌だという方はそちらをおすすめします。

 

 

ホリエモンさんの本は、自分が悩んでいるときや不安を感じているときに読んでいる気がします(笑)。

 

この本では、チェック項目が設けられているので本を読んで実際の行動まで簡単に落とし込めるところがいいなあと感じましたね。

 

Twitter上の声

 

「これからの世界をつくる仲間たちへ」

言わずと知れた落合陽一さんですが、この本では魔法をかける人になることがこれからの時代重要になると述べられています。

 

題名からもわかるとおり、これからの世界をつくっていく私たち学生がコンピューターやテクノロジーに適応していくべきである理由も書かれていたので学生は必読の本です。

 

また「コンピューターになくて人間にあるのは○○である」など、これからの時代を生きていく上で知っておくべきことが分かります。

 

Twitter上の声

 

「超AI時代の生存戦略 」

こちらも落合陽一さんの著書です。

 

特に印象的だったのは、今の時代に完璧な知識はいらないというところですかね。多くのことを記憶しておくことにより、必要なときに取り出せるようにしておくことが重要であると述べられていました。

 

やはり現代のようにググることが当たり前となった世の中で、創造性を身につけるには、ぼんやりとしたところから問題を見つけることが大事だということですね。

 

Twitter上の声

 

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」

「自分が何をしたらいいのかわからない」

「自分にはどんな才能があるのか知りたい」

という方におすすめの本です。自分がどんな資質を持っているのかが診断を通して分かります。

 

この本は新書で買わないと診断ができないので中古で買うのはやめときましょう。自分の強みを知って長所を伸ばそう!|ストレングス・ファインダー2.0 で詳しく紹介しています。

 

Twitter上の声

 

「レバレッジ・リーディング」

「本の読み方」が学べる本です。「時間がないから本を読めないのではなく、本を読まないから時間がない」という言葉が個人的には好きですね。

 

また読書をただの読書として捉えるのではなく、投資活動と捉えることで積極的に本に投資しようと思えました。

 

Twitter上の声

 

「嫌われる勇気」

多くの人が悩んできたことがすっきり解決してくれる本です。対話形式なのですぐ読み終わります。

 

悩みを抱えているかたの必読書といっても過言ではないでしょう。この本を読み終わると「全ての悩みは人間関係に起因する」という言葉がしっくりきます。

 

Twitter上の声

 

「マネーの公理」

お金を稼ぐためには、どのようなマインドや行動が必要なのか12公理に分けて書いてあり、リスクとそのマネジメントについて学ぶことができる本です。

 

特に「投機」と「投資」を勘違いしている人は必読です。僕自身、投機で失敗している苦い思い出があります。(この失敗をした後に読みました)

大学生が仮想通貨FXで10万円以上損した話
この記事では、僕が仮想通貨FXで10万円以上を溶かしてしまった話について書いています。 20歳になったことで、口座も自分名義で開設できるようになって、 「仮想通貨FXでもしよう...

 

大学生の内に稼ぎたいという方は、この本に稼ぐための思考が書いてあるので参考になりますね。

 

Twitter上の声

コメント