» TechAcademyの無料体験

文系未経験の僕が自社開発系のWebエンジニアになりました!〜就職活動について〜

文系未経験の僕が自社開発系のWebエンジニアになりました!〜就職活動について〜エンジニア就職・転職

この記事では、僕が実際に行ったWebエンジニアとしての就職活動について書いています!

文系の僕でもエンジニアとして自社開発系企業から内定をいただくことができたので、Webエンジニアとして就職や転職を考えている方の参考になればと思います。

簡単な活動経歴
  • 2018年6月
    大学3年生の時に、Progateを始める
  • 8月
    Railsを用いて3日間で簡単なサービスを作る短期のインターンに参加
  • 8月
    TechAcademy(Webアプリケーションコース8週間)受講
  • 11月
    Railsを用いてオリジナルのWebアプリを開発
  • 12月
    短期インターンに参加(DockerやRailsを用いての3日間のハッカソン的なやつ)
  • 2019年4月
    内定をいただき、就活終了

文系未経験からWebエンジニアとして新卒で内定をもらうまでに行ってきた就職活動について

僕は大学3回生からプログラミングの勉強を始めて、大学4回生の3月にエンジニアとして内定をもらいました

ここでは、エンジニアになった経緯や勉強してきたこと等について書いていきます。

なぜWebエンジニアに?

エンジニアになりたいと思ったきっかけとしては大学3年生の夏休みに参加した3日間のインターンでRailsを用いて簡単なサービスを作った際に楽しいと感じたこと。

それから自分でもサービスを作ってみたいと思ったことが最初のきっかけでした。

実際に自身でWebサービスを作り、周りの友達にも使ってもらい喜んでくれたことからこれを仕事にできたら楽しいだろうなあと思いそこからエンジニア一本に絞って就活をしていました。

勉強してきたこと

就活が終わるまでに学習してきたこととしては以下です。

使ってきた学習サービス
  • Progate → ( Ruby, Rails, Git, SQL, JS, HTML&CSS, Command Line, PHP, JQuery )
  • ドットインストール → ( HTML&CSS, Bootstrap, Ruby, Rails, JavaScript, JQuery )
  • TechAcademyのWebアプリケーションコース → ( HTML&CSS, Ruby, Rails, SQL, Git, Bootstrap, Heroku )
  • Railsチュートリアル
  • Paizaスキルチェック → ( Ruby )

読んできた本
  • 「Bootstrap4ファーストガイド」
  • 「プロを目指す人のためのRuby入門」
  • 「現場で使えるRuby on Rails5速習実践ガイド」
  • 「TCP/IPの絵本」
  • 「プロになるためのWeb技術入門」
  • 「Webを支える技術」
  • 「Web制作の現場で使うJQueryデザイン入門」
  • 「Linux標準教科書」
  • 「ゼロからはじめるデータベース操作」

これらに加え、オリジナルアプリの作成や勉強会への参加、Railsを用いた3日間のインターンに参加するなどしました。

成果物

成果物として見せていたものは以下です。

  • 自分が通っている大学の授業評価などを行えるSNS
  • 楽天APIを使用したモノリスト(スクールの課題)
  • 野球のイベントを作成できるサービス
  • ポートフォリオサイト

上3つの作品はRailsを主に使用しており、ポートフォリオに関してはcodepenのコードを参考にし、作成しました。

利用した就職サイト

主に利用していた就職サイトとしては、

  • サポーターズ
  • キャリアセレクト
  • paiza新卒

の3つをメインで使っていました。

サポーターズやキャリアセレクトはエンジニアの逆求人イベントがよく開催されているので2、3回ほど参加しました!

このイベントで1日に8社ほどの企業さんとインターンのお話や選考の案内、それから会社の説明などを行えたので、エンジニア志望の学生は参加すると良いです(交通費ももらえます!)

おすすめの就職サイトについては以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【実体験有り】エンジニア向けおすすめの就活サイト5選

面接の対策や会社の評判などを調べるために

  • ONE CAREER
  • 就活会議
  • Vorkers

なども使っていました。

会社選びの軸

企業選びの軸としては主に3つ!

  • 自社開発/自社サービスがある
  • エンジニアとして成長できる
  • 新たな事業を構築していく体制と資金力があるかどうか

自社開発/自社サービスが良い理由としては…

  • 受託開発だとど何かと制約を受けることが多いのではないかと思っていたから
  • 新しい技術に触れるチャンスが多いと思ったから

エンジニアとして成長できるとは、具体的にどういったところを見ていたかというと…

  • 若手でも裁量権が大きい
  • 周りのエンジニアとの距離が近い
  • 書籍購入制度や勉強会などが開かれており、エンジニアに対する制度が整っている

といった感じです。

面接でよく聞かれたこと

面接を初めて受けるときや、面接を受けているがどんな質問をされるかわからなくて不安みたいなことがあると思うので約10社受けた中で質問されたことを出来るだけ書き出してみました!(個人的な質問に関しては省略しています)

あまり突飛な質問はなく、上記の質問を深掘りされることが多かったです

面接でよく聞かれたこと
  • プログラミングを始めた時期
  • プログラミングをしていてどのような時が楽しいか、また辛いか
  • Webアプリを作成した理由
  • Webアプリを作成していくなかで一番悩まされたエラー、またそれをどのように解決したか
  • エンジニアになりたいと思った理由
  • 今日までどのような勉強やサービスを作ってきたか
  • 今後の学習計画
  • 興味のある技術とその理由
  • 将来どうなっていたいか
  • どんな人と一緒に働きたいか、また働きたくないか
  • 他に受けている企業とその志望理由
  • 企業選びの軸
  • 志望動機
  • 入社してからやりたいこと
  • 短所、長所
  • 現在の大学を選んだ理由
  • 挫折経験
  • インターンでの自分の役割
  • 今後作ってみたいサービス
  • 興味のあるWebサービス

評価されたこと

エンジニアの逆求人イベントや面接後のフィードバックで評価された点として…

  • 個人でもサービスを作成していること
  • 主体的に行動している点
  • ブログなどの発信もしている点

などを評価していただきました。

「progateを何周やった」「この本を読んだ」などは意味はあると思いますが、やはり目に見える形でアウトプットしているか、自走できるかが重要であると実感しました。

やっておいてよかったと思ったこと

オリジナルのWebアプリを作成

自身で作成したWebアプリがあることによって、自走できる人物である可能性が高まることが一番大きいと思いました。

積極的にアウトプットしている

ブログでTechAcademyの体験談や学習記録などをアウトプットしていることによって、人となりやどのようなことを考えている人なのかという部分を示せたことは大きかったです。

会社とのミスマッチなんかも無くせると思うので。

やっておけばよかったと思ったこと

目標やエンジニアになる目的を明確にする

文系という点で幼いころからプログラミングを触っている人たちと比べるとどうしても技術的な部分で劣ってしまいます。

けれど目標や目的が明確でそれに対する行動まで落とし込める人であれば、今後のポテンシャルなどに期待される可能性がグンと高まると感じました。

目的はあるにはあったのですが、それが漠然としていたことに就活中に気づき、そこから目標を明確にし、それに対する行動を落とし込んで面接でも今後の学習計画を聞かれた際にそのことについて話しました。

学生であれば長期のインターンなどに参加して実務経験を積む

短期のインターンに参加したことがあるけど、実務経験を積んでいる人とそうでない人ではやはりかなり差があるなと感じました

>>【実体験有り!】エンジニアインターンの内容やレベル感について

個人での開発しかそれまではやったことがなかったので、その点は後悔しています。

地方住まいということもあり、長期は難しいということであれば僕のように短期のインターンでの参加でも凄く良い経験になると思います。

最初の言語がRubyじゃなくても良かったかも

Rubyを使っているモダンな会社さんは多いですが、自分が行きたいと思った会社はほとんどPHPをメインで使っていることが多かったこと。

Railsはあらゆる処理がブラックボックスになっていることから、PHPをファースト言語とした方が良かったのかなと少し思いました

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になることがあれば嬉しいです!ご質問などがございましたらコメント欄にメッセージをいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました