会社なんかいらない!これからは「個」の時代だ!|99%の会社はいらない

99%の会社はいらない大学生におすすめの本

はい! というわけで今回も前回にひきつづき堀江貴文さんの著書「99%の会社はいらない」について書いていきます。

 

いやー。ホリエモンさんの言葉は胸に響きます!「99%の会社はいらない」というタイトルからも「会社はいらないの!?」という衝撃を受けました。

 

この本を読むべき人は以下の人だと思います。

  • 会社に属している人
  • プライベートが充実していない人
  • これからの日本について不安を持っている人

では、さっそく印象に残った言葉や、感想を書いていきます。

 

99%の会社はいらない【感想】

99%の会社はいらない

遊び=仕事にする

「興味のあること=ハマれるもの=遊び=仕事」

遊び=仕事は最強だと思います。ここでいう「遊び」は厳密には、「好きなこと」です。

 

なぜなら好きなことは、やっていて楽しく、自分の時間を生きれるからです。
遊びが仕事になっている具体例としては、

 

  • youtuber
  • ブロガー
  • インスタグラマー

 

などが挙げられます。

 

やはり、嫌々やる仕事は楽しくないですよね?

 

遊び(好きなこと)=仕事 にするために自分が興味をもったことをどんどんやって行きましょう!

 

毎日続け、真似をする

「毎日続けるのは無理だからやめよう」ではなく、「続けられる形はどういうものなんだろう」と考えるところにいくのが重要だ。

この言葉にめちゃくちゃ納得しました!視点を変えるだけでネガティブな発想からポジティブな発想に変わるのだなと。

 

たとえば好きなことをしていても飽きてしまうことがあるかもしれませんが、そこでより楽しむためには、どのようにしようか?

 

と視点を変えて考えることが大事かなと思います。

 

スキルを身につける

これからの時代、仕事はなくなるかもしれないが人間は生き残る。

仕事はAIによって取って代わられ、私たちは、働くことがなくなることはないにしても、働く時間は現在より圧倒的に減ると思われます。

 

なので自然と自由な時間がだれにでもできるはず。そんな中で何が生き残るかといえば人間です。そこで重要になってくるのがコミュニケーションスキル。

 

本書でいうコミュニケーションスキルとは以下のことを表しています。

本当のコミュニケーションスキルとは、

自分から話しかけられるようにしゃべりがうまくなるのではなく、人が話しかけたくなるようなスキルのことだ。

 

なので人に話かけられやすくするためにも、人柄はもちろんですが、人々が興味を持ち、話しかけたくなるようなスキル(←人の役に立つ、または、他の人より少しでもいいから優れている)を身につけるべきです。

 

 99%の会社はいらない【まとめ】

会社で働いている人、プライベートが充実していない人、これからの日本について不安を抱いている人には、是非読んでもらいたいです。

 

他人の時間を生きることはつまらない。自分の時間を生きましょう!

 

コメント